缶切り 栓抜き

クラシカルなゼット缶切りです

見た目ツボ

その一言

このやいばの部分にて

缶の蓋を開けることが出来ます

幼き頃の私は

母の指導のもと頭を使って刃を動かし

缶詰の蓋を切る感覚を体に覚えさせたという

心温まるゴリゴリの昭和缶切りエピソードを持っています

中学生ぐらいになったら

驚くほど真顔のままで迅速に

美しさを感じるほど滑らかに

シロップ漬けの果物缶を開けられるようになって

我が缶詰人生に敵なしと思っていましたが

昨今の缶詰は

プルトップが付いてたりするものがほとんど

我が子は上手に使えた試しがないです

ここ10年

毎回子達の傍らで教えてる気もします

昭和では必須で

平成ではあったら便利だよね

令和では絶滅危惧アイテム

もはやもう覚えなくてもええのかもしれんな

そんでもって

こちらは栓抜きだったりします

こちらに関しても

父の晩酌の場で

おさえててやるから頑張って開けてみろ〜!なんて

両親からエールを贈られながら

こめかみに青筋を立てて瓶ビールの栓と戦ったという

幼少期の記憶があります

久しぶりに瓶のビールを開けたことで

いろんなことを思い出しました

とても幸せだった頃の思い出です

滅多に使わなくなっても

置いておくならコレ!という

昭和感溢るる

素敵な思い出をふたつも思い出せるアイテムです

↓ブログで紹介したものはこちらでも紹介( ´ ▽ ` )↓
ブログのランキングに参加しています
笑けるほどランクが上がりません( ´ ▽ ` )
こちらをポチッと押して欲しいです
↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
シェアする
阪口ゆうこをフォローする
HOME別館byREFRESHERS

コメント

  1. しゅん より:

    ゆうこちん(^O^)
    少し前に缶詰めもらっていざ食べようとしたら缶切りがなかった所にこの内容。

    缶切りの形かわいーから欲しいと思ったけど…
    本体102円<送料850円
    ビックリしたわっ!笑

タイトルとURLをコピーしました